カテゴリー「ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」の60件の記事

2007年10月24日 (水曜日)

止めたのは浦和レッズ

ジェフ千葉 2-4 浦和レッズ

この試合はスコアほどの差がついた内容ではありませんでしたね。

ポンテや長谷部の個人技はさすがといったところ。そしてワシントンのゴール前での勝負強さに加えて気合まで入っているのなら、やられても仕方のないことです。

前半はジェフの守備ラインが下がりすぎていましたね。前半早々にポンテのマーカーである下村にカードが提示されたのも、重要なポイントでしょう。

後半に入ると工藤を守備的MFの位置に下げると、守備ラインから中盤、前線へのパスワークがスムースになっていきます。やはりボールを持てる工藤が高い位置にいると、一気に浦和のディフェンスが寄ってきますが、守備的な位置に入るとマークが緩くなります。ポンテは依然として下村が見ている状態で、ほぼフリーでボールをさばくことができ、後半の効果的なポジションチェンジだったといえるでしょう。

0-3になってからはほぼジェフペースで、いつ逆転してもおかしくないムードになり、スタジアムにも悲壮感は漂っておらず、ジェフの選手たちも全然諦めていない様子。途中出場のレイナウドが鮮やかなゴールを決めると、前半と後半でユニホームを入れ替えたかのような展開に。今度はレッズ守備陣が下がりまくっていましたね。これはレッズの作戦の一種かもしれませんが、青木やレイナウドといった、得点感覚に優れたFWをそのまま自陣ペナルティ・エリア内に引きずり込ませてしまうことも意味するので、レッズとしては諸刃の剣的な、いや、想定外の守備体系だったでしょう。

ジェフとしては、2-3にする時間帯がもう少し早ければ逆転していたのかもしれません。2-3になった直後の山岸のゴールは幻ですが、副審の判断は正しかったでしょう。ネネより半歩、早く飛び出しているように思えました。ただ、あの形ができるまで、何本ものパスをつないで、最後はあれだけジェフの攻撃を警戒して下がりに下がっていたレッズ守備陣の裏を付いたものですから、例えオフサイドになったとはいえ、審判やジェフの選手を責めるどころか、一種の満足感すらありました。

後半ロスタイム、長谷部の個人技から田中達也に脱け出され2-4に。まぁこれは攻めている状況ですから、少なからずともこのようなシーンはあって当然でしょう。それまでに0-3にされたこと。そして1点差にするまでに時間がかかってしまったことを考えてみれば、必然に近い結果といえるでしょう。

ただ、ジェフの試合はとてもスリリングで、むしろレッズファンのほうが肝を冷やす場面が多かったはずです。連勝は止まりましたが、この時期のジェフの強さがフロックであったり、勢いで片付けられるものではない、ということを確認できました。来シーズンに向けて(ちょっと早いですけど)かなり手ごたえを掴むことができたはずです。

もし水野がいたら・・・と思うところはありますし、もちろん勝ってもらいたかったっていうのは当然ありますけどね。降格の危機も遠ざかり、平和ボケしている感覚なのでしょうが、悲壮感の漂う敗戦ではなく、次節へ向けてかなりポジティブな内容であったことは確かです。

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水曜日)

なんか6連勝

ヴァンフォーレ甲府 0-1 ジェフ千葉

色々なレポート見てるとなかなか難しい試合だったようで・・・。

それらを総合すると、試合開始から1時間を凌ぎきったことが大きかったようです。

それを凌いだらジェフがペースを握り返して、最後の最後で青木の奇跡の決勝弾。

苦しい時間を凌ぎきり、失点0に抑えて最後に決めきる。

これが最初からできていれば優勝争いに食い込んでいたはず。まぁサッカーはそう簡単に口で言うことができるほど簡単ではないんですけど。

これで6連勝。

好調の要因は試合を見ていないので、いまいち掴みどころがないんですが、ハイライトを見ると後半ロスタイムの得点シーン。

ペナルティエリアの中、深くにまで勇人が進入していました。

あの場所に勇人が走りこんでること自体、ジェフが好調だなってわかる、一種のバロメーターかなと思います。

次はレッズとの決戦。

フクアリでは負けたことがありません。

とはいえ、失うものは何もないです。

レッズの後ろにはすぐガンバがきている。

この状況から観てもジェフのほうが戦いやすいはずです。

連勝はいつかは止まるものですけど、とにかくいい試合を見せてほしいものです。

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火曜日)

5連勝

ジェフ千葉 3-2 FC東京

試合を見れなかったのが悔しい。BS-iで試合やってくれないんですか・・・orz

まぁそれでも勝てたのは嬉しいですね。

前半3-0でリードしていたにもかからわず、1点差まで追い上げられるのはどうかと思いますが…

選手交代などを観てみたら、後半16分にFW新居アウトでDF池田が投入されています。怪我か何かかな?と思ったら、その直前の後半6分にFC東京がリチェーリと鈴木ノリカルさんが投入され、総攻撃を仕掛けようとしていたのでしょう。

池田のポジション的に観て、リチェーリ対策として投入されたと予想され、この交代に関しては理にかなったものです。

にもかからわず、2点取られたというのは監督の采配がマズかったのか、選手の対応が悪かったのか。

前半で3-0にではなく、1-0や2-0の試合だったら、去年みたいに逆転されていたかもしれません。運よく(リーグ前半戦に運がなかったとも言えますが)前半で3点取ったから、試合がほぼ決まっていた状態だったので良かったんですけどね。

まぁこういうことを言っても、監督の采配がマズかったのか、選手の対応に問題があったのかは実際の試合を見てみないとわからないですし、FC東京の後半にかけるモチベーションも関わってきます。

まぁ結局なにが言いたいのかというと、5連勝という結果が残ったことは誰の目にも明らかなわけで、その良い結果が出ていることはもちろん素直に嬉しいです。

このあとは強豪、そして残留争いをしているチームとの対戦があるので楽な試合はないですが、今のジェフの強さを「勢い」だけで片付けられるモノではなく、負けてもいいので、5連勝で見えてきた形や良い部分を発揮できると尚いいことです。

ただただ勝ち点を拾えれば良い、というような「家を壊す」プレーで勝っても、ジェフにとっては意味がないと思っているので。

それにしても次の甲府戦、連勝中に対戦したチームの中で、新潟戦よりも厳しい試合になりそうですね。

| | コメント (2)

2007年9月25日 (火曜日)

そして気がつけば4連勝

怒涛の夏がすぎ、卒業論文と借金返済のアルバイトに追われる9月もあっという間にすぎようとしています。そしてついに授業開始。

とはいっても単位は十分に揃っているので、あとは卒業を待つばかりなんですけど。

あれだけ濃い夏休みを過ごしたのは人生最初(で最後)だったんですが、本当に楽しい時間って言うのは一瞬で過ぎ去ってしまいます。対して、つまらないアルバイトの時間は本当に長く感じる。アインシュタイン先生の「相対性理論」を身をもって体感しています。

こんなに一瞬で過ぎた1ヶ月ちょっとということもあり、周辺の情報には非常に疎くなっている。

まず、リーガ・エスパニョーラ開幕。

マドリーのスナイデルが好調だとか。まあそれはそれでうれしい限りですし、イニエスタが8番をもらったそうで。

まだ試合はこれから見なければ…HDDに録画しっぱなしです。

そしてなんといってもジェフ4連勝

前半戦はツキがないなぁと思っていたんですが、そのぶんを取り返したかのような快進撃が続いています。このまま継続できればいいんですが。

でも、アウェーで新潟に勝利したのは驚きでした。上位に位置している新潟、だけではなくホームでは完膚なきまでに叩きのめされ、ましてや敵地の一戦ですから。なにが起こったのかを観れないのが悔しい。

降格圏からは一歩、いや二歩くらい抜け出しましたね。あとは順位をなんとか一桁に持っていきたいところ。やっぱり山場は浦和戦ですか。それまでに勝ち点を順調に重ねていければいいんですけど。

実は、旅先のホテルでスーパーサッカーとかは見ていて結果だけは知っていたんですけど、「あ、今日は勝ったのか」くらいにしか思ってなくて、まさか連勝、しかも4連勝していたなんて思ってもいなかったです。もしかしたら「無関心」に近い状態のほうがいいのかな?なんて感じちゃったりするもんですね。

| | コメント (0)

2007年8月 4日 (土曜日)

フクアリ不足

今期はタダでさえフクアリに行っていないというのに、ましてやアジア杯でメディアから千葉枠呼ばわりされた挙句、羽生さんのPK…。ますます肩身が狭い思いです。

代表なんて関係ないよとフンギリをつけていたんですけど、やっぱりいざアジア杯が始まると気になってしまう。サウジ戦も韓国戦もバイトで見れないという失態で、どう負けたか知ることはできませんでしたが。

11日からJリーグが再開します。

4月に就職先が決まり、5月、6月と稼ぎまくったのでチケット代1200円くらいどーってことない資金にまで到達しました。時間的余裕もできてきました。

しかも、アジア杯見ちゃうと生でサッカー見たくなる衝動に駆られます。

毎週のようにリーガを見てると、あの場所に行きたいな、とかしょっちゅう思ってます。でも、サンチャゴ・ベルナベルだとか、エル・マドリガルだとか、ラ・ロマレダだとか、メスタージャっていうのは日常か非日常かと言ったら、完全に後者の世界なんです。現実に踏み込んでいい場所であるとも思えないです。だから、未だにベルナベウに行ったことが信じられないんですよね。

対して、フクアリは完全に日常の一部と化している空間です。完成して間もないスタジアムですが、僕の中では完全に日常の世界です。その日常の世界から引き剥がされると激しい欲求不満を感じます。ストレスと感じるくらい。

これは授業で教えてもらったことなんですけど、wantという英語には「欲する」という意味以外にも「欠乏している」という意味もあるそうです。

激しくフクアリ不足ということはフクアリをwant、つまり欲している、ということと同義です。

逆に、フクアリをwantしてるということは、フクアリが不足しているんですね。

まぁ当たり前っちゃ当たり前のことを言ってるんですけど、講義でこのような説明をされるとなるほどな、となったもんで。

普段は激しく声を枯らして応援するかといったらそうではないんです。けっこう2階の隅っこのほうでポツンと見てることが多いんですが、今回ばかりは前のほうに行こうかなと思うくらい、欠乏してます(笑)

たぶん、ジュビロ戦に約3ヶ月ぶりの日常への復帰を果たしそうです

| | コメント (0)

2007年6月28日 (木曜日)

WIN BY ALL(笑)

WIN BY ALL(笑)ってなんですかね。

少なくともフロントは、このスローガンに込められた意味を理解していないか、もしくは理解できないかでしょうね。

自分のとこのスローガンすら理解できない糞フロント。

それがジェフであるなんて信じたくないんですが、これが現実。

チームはその後数回にわたって話し合いを持ったが、ストヤノフから謝罪の意思が示されなかった。

本当に何回見ても腹の虫が納まらない。

「数回」って何回ですか?

そのたびに発表された報告は?

ストヤノフから謝罪の意思がない?

フロントがイリヤンに慰留してもらうよう努力した意思はあったんですか?

一方的な話し合いなんてもはや「話し合い」ではない。

「謝れ」の一点張りで納得する人間がどこにいるんでしょうね。

そして、この状況のどこがWIN BY ALL(笑)なのか。

この腐ったミカンしかいない糞フロントを一掃しないとジェフの選手たちがかわいそう。

今週末、横浜FC戦、アウェーですが何かサポーターの間で動きがあるなら参加して少しでも力になりたいですね。

| | コメント (0)

2007年6月27日 (水曜日)

クズフロント

イリアン・ストヤノフ選手 について

またずいぶんとお早い対応で。

結局めんどうなことは手っ取り早く解決(した気になってる)すればいいんでしょう。

学校から帰ってきたらすぐ事実関係を確認しようと思ってたんですが、一歩先越されました。

こういうときだけ早いクズフロント。

GMは何しに来たんでしょう。

解雇なんて誰にでもできます。

貴重な選手をこんなに簡単に手放してしまう前に、残ってくれるよう努力したのか。

まぁしたはずないですね。

なんの経過報告もなく「反省の意思がない」の一点張りで強制的に解雇したんだから。

選手(や監督)はこんなに苦しんでるっていうのに、ジェフのフロントは楽しようとしてる

どこがWIN BY ALLだよ

| | コメント (2)

JEFのフロントには腐ったミカンしかいない

監督批判ストヤノフの退団が決定

糞フロント

もうこの言葉がピッタリの我がJEF UNITED 市原・千葉

約3年半に渡ってジェフの最終ラインを支え続けてくれたイリヤン・ストヤノフが退団決定。

サポーターからも人気が高い選手でした。

正確に表現すると、「退団させるよう追い込まれた」

>その後の話し合いでも「反省の意思がない」と異例の発表を行い、トップチームでの練習参加を認めないなど、話し合いは平行線をたどっていた。

反省の意思がない?

フロント、本当にイリヤンを引きとめようと努力したのか。

サッカーライターの西部さんが提言していたように、アマルとイリヤンの仲介役に入り、ジェフと、そしてイリヤンのために全力を注いだのか。

イリヤンに「反省の意思がない」のではなく、フロントがイリヤンを引き止める意思がなかっただけでは?

| | コメント (0)

2007年6月24日 (日曜日)

現実に戻された

大分に勝利して今期初の連勝

甲府にあのような試合をして勝って、でも次の試合に負けたら意味がないと思っていました。

そして大分に勝利。この勝ちはとても大きい。

で、連勝してホームに帰ってきて新潟戦。

この試合で3連勝すれば勢いが完全につく。負ければまたショボーンとなってしまう。

で、負けてしまったわけです。

決定機で決められなかった云々もあるかもしれませんが、なんか現実に引き戻された感じが…。

再び降格圏が射程圏内(日本語おかしいか)

苦しい時期の勝ち点3って大きいなぁとつくづく思います。

5~6年前もこんな感じだったっけ、と思うくらいですよ。

まぁあの頃はまだ若かったし勢いでどーにか残留できるさと楽観視していたのかも…w

でも今はいいスタジアムができて、観客も増えて、日本代表選手も数多く選出されて、いろんな意味で多感になっているのかもしれませんね。

イリヤンの件についてはあまり触れたくない…。

かなりジェフのこと気に入ってくれてるみたいだし、でも今のジェフの状況を思ってくれてあのような事件があって、と考えると何を言っていいのかわからないっていうのもある…。

中断前のラストゲームはゼミ対抗スポーツ大会で見にいけません!(ええええええ!?)

| | コメント (0)

2007年6月19日 (火曜日)

やっと勝利!

ジェフ千葉32ヴァンフォーレ甲府

今期初めてフクアリに行ってきました。

当初はバイトの予定だったんですが、実はバイトなんて入ってなかったというオチがついて、急遽行くことになりました。開始1時間前にスタジアム着くとどこも席がいっぱい。13000人以上も詰め掛けたそうです。ここ最近負けが込んでて観客動員がどうなるかと思ってましたが、8割くらい入りました。

試合のほうは、ジェフの気迫が伝わってきました。なんていうか、戦術とかではなく、とにかくボールに向かっていく気持ちが以前よりもとても強い気がしました。テレビだけで見た感想ですが、FC東京戦は逆に恐れていたような感じもしたので、その点で変化が見られました。

見事優勝したスペインのレアル・マドリーも戦術云々ではなく、気持ちと気迫で終盤の大逆転劇の連続だった気がしたので、それと似たような感じもしました。

ただ、戦術なしに気迫と気持ちだけでジェフは戦っていたのかと言うとそうではなく、相手の敷いた浅いラインに向けて、とにかく奪ったら速めに裏のスペースへ、という狙いがハッキリしていました。

甲府の3トップに対してジェフのストッパーは3人

ジェフも2トップに対して甲府は2人のセンターバック

甲府は最終ラインを上げて短いパス回しを使い、サイドに多くの人数をかけて逆サイドの人間や後方から上がってきた選手がフィニッシュする形が多かったです。ということは、3×3のゴール前の攻防とサイドの争いでボールを奪うことができたら、甲府の敷いた浅い最終ラインの後方には広大なスペースが存在する状況になっています。

ジェフはこれまで中盤でボールポゼッションを高めてサイドを起点に攻撃していましたが、この日はそのスタイルを捨て、その甲府の裏にできた広大なスペース目掛けてロングボールを蹴る作戦に出てきました。甲府のストッパーとジェフのアタッカーも2×2の状況でしたから、上手くいけばビックチャンスになります。

前半15分、いきなりその形で巻のループシュートで先制

しかし甲府も右サイドから人数をかけて形を作り、中央でフィニッシュして同点

お互い「狙い」と「持ち味」が発揮された瞬間でしたね。

前半終了間際に水野のCKから巻が再びヘッド炸裂で勝ち越し。いい時間帯に決めることができました。

後半立ち上がり5分、甲府は今度は左サイドで基点を作り、中央へ切れ込み詰めていた石原がゴールして瞬く間に同点。

しかしその直後に斉藤がPKゲット。

あの場所に斉藤がいたこと。これがよかった。

しかし巻が宇宙開発で勝ち越しならず。その直後にも山岸、巻と立て続けに決定機3つを外します。

これを見た瞬間、「またいつものパターンかil||li _| ̄|○ il||l」

と思いましたが、勝ってしまう試合もあるから不思議です。

例によって水本から出たロングボールを巻が追い、ノーファールでボール奪取。この時点で3対4の状況。こぼれたボールを工藤が倒れこみながら羽生へ。羽生が2人の間を割ってドリブル突破。キーパーの逆をついたシュートは少々遅すぎるくらいのスピードで、しかし素晴らしいコースへ飛んでいき、勝ち越しました。

その後は、甲府がアンカーに入っていた林健太郎を下げて攻撃的に来たため、ジェフは防戦一方。立石の“ゴッドハンド”がなければ同点にされていたでしょう…。藤田のシュートがバーに当たり、跳ね返りも浮いてしまうという幸運もあり、猛攻をゼロで凌ぎきりました。

そしてでやっと勝利!

チームも一丸となれたようで、その上での勝利は大きい。ただ次の大分戦でアッサリ負けるようだと厳しいです。これを継続しなければ、下村と巻の涙も最大瞬間風速の力だったのか、ということになってしまいますから。どうなることやら・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧