« 金、金、どうせ金ですよ | トップページ | J2ナメすぎ »

2010年3月16日 (火曜日)

JリーグはJリーグの試合をどうしたいのかがわからない

今年はW杯イヤーなわけで、Jリーグのほうも日本人ストライカーを中心に話題になりつつあります。

CSKAモスクワの本田やカターニャの森本にも期待が集まるところですけど、やはり身近にあるJリーグのストライカーが、Jリーグで大量得点する場面をもっと増やして欲しい、という願いは日本人の誰もが望んでいると思います。

ところが今年、皮肉なことにJリーグによって、この期待に拍車をかけるような決定がなされることになりました。

Jリーグが誰に決定をしたのか。

審判です。

では、どんな決定なのか。

それが「手を使った行為を厳しくファールとして見なす」というものです。

確かに、相手をブロックする際に手が高く上がって肘が顔面近くに入ることもある。そして、それがレッドカードにつながることも事実です。この意識が高く保たれることにより、DFは安易に手を広げて相手をブロックしたりせず、巧みに体を入れる技術を身につけて欲しい、というJリーグからの期待の現われだとは思います。

ただし、これによる「副作用」は、この期待よりも大きなものになってしまうのでは、という危惧があります。

相手と競る、または相手と競り合いながらボールを追いかける。

そのとき、ボールを追っている攻撃の選手が顔面を抑えながら倒れたらどうなるか。

予め審判団に「手を使ったファール」という意識が過剰に植え付けられているこの状態であるならば、見えるか見えないか微妙な位置であろうと、恐らくファールを取るでしょう。

これによって何が生じるか。

シミュレーションです。

Jリーグは、ただでさえ大した接触でもないのに大げさにファールをアピールしたり、転げまわることが少なくないリーグだと感じています。

なのに、このJリーグの決定により、さらに攻撃の選手は「ファールをもらおう」という意識が先行してしまうのではないでしょうか。

さらにいえば、「得点」という意識よりも「ファールを取って直接FK」という感覚のほうが強くなってしまうかもしれません。

実際、この間の新潟-磐田の試合でも、なんでもないディフェンスなのに、相手FWが大げさに顔を押さえファールをもぎとっていたシーンがかなりありました。

その逆もありで、DFが自陣でボールをキープして、相手FWからプレッシャーを受けたとき、顔を抑えて大げさに倒れる。

結果、ファールになり「その場しのぎ」はできます。

ただし、厳しいことを言わせてもらうのなら、W杯のような国際舞台で、あの程度の接触ではファールなんて取ってくれません。

ましてや、そこから一気に逆襲を喰らう恐れすらあります。

Jリーグは、そのことを十分に理解したうえで、この決定をしたのでしょうか。

アジアではなく、国際舞台での「世界基準」をしっかりと認識した上での取り組みなのでしょうか。

本末転倒

今のサッカー協会、Jリーグほどこの言葉が似合う状態もありません。

W杯に負けてから「Jリーグではファールだった」といっても、説得力はない。

|

« 金、金、どうせ金ですよ | トップページ | J2ナメすぎ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金、金、どうせ金ですよ | トップページ | J2ナメすぎ »