« 牛丼といえば | トップページ | アウェーで難敵に快勝 »

2007年10月15日 (月曜日)

TBS、亀田戦の雪辱をヲタク叩きで憂さ晴らし

TBS「アッコにおまかせ」の初音ミク特集に批判相次ぐ

初音ミクっていうのは初めて耳にしましたね。

それにしても、読んでいただければわかる通り、メディアを通じてのヲタク虐めっていうのは最近目に余りますね。

テレビを初めとしたメディアの影響力はとてつもなく大きい、というのは自民党が惨敗した参議院選挙で明らかになったことです。

最後に、ナレーションがこのユーザーに対し「普段は何を」と質問。ユーザーが「コンビニでアルバイトを」と返答すると「ふーん、ご立派ですねえ」とナレーションが返して特集ビデオは終了した。

このシーンにしてみても、聞いている相手がヲタクではなかったら、恐らくこんな質問はしていなかったはずです。

ここ10年間、世間ではいじめの問題が大きくなってきています。

いじめっていうのは不特定多数の人間が、特定の人間を理不尽な圧力によって貶めることです。

この、約200秒のTBSが放送したシーンっていうのは、そのいじめ問題の縮図と言ってもいいのではないでしょうか。

メディア(=不特定“大”多数)がヲタク(=特定の小集団)を叩いている状況ですからね。

「学校へ行こう!」では感動的な血と汗と涙と甘酸っぱい青春を演出していますが、その放送局がヲタクを面白おかしく叩くとは、何とも皮肉なことに「学校」でよく見る光景になってしまっていますね。

とりあえず一般人から理解されていない、距離があるヲタクを叩いていれば問題はないだろう、という安易なTBSの判断が完全に裏目に出たようで、各ブログや掲示板で返り討ちにあっているそうです。

ヲタクと呼ばれる人たちは、僕の持っていない特異な能力を持っていて、やりたいことをとことん追求する姿勢があります。その点においては十分すぎるほど尊敬に値します。

その一生懸命さを面白おかしく取り上げ、みんなの笑いものにしようと情報操作するっていうのは、昔からあったことですが、もうそろそろいい加減やめにしたらどうでしょうか。

|

« 牛丼といえば | トップページ | アウェーで難敵に快勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛丼といえば | トップページ | アウェーで難敵に快勝 »