« 最近こればっかり聞いてる | トップページ | 『資本論』 »

2007年10月10日 (水曜日)

なんか6連勝

ヴァンフォーレ甲府 0-1 ジェフ千葉

色々なレポート見てるとなかなか難しい試合だったようで・・・。

それらを総合すると、試合開始から1時間を凌ぎきったことが大きかったようです。

それを凌いだらジェフがペースを握り返して、最後の最後で青木の奇跡の決勝弾。

苦しい時間を凌ぎきり、失点0に抑えて最後に決めきる。

これが最初からできていれば優勝争いに食い込んでいたはず。まぁサッカーはそう簡単に口で言うことができるほど簡単ではないんですけど。

これで6連勝。

好調の要因は試合を見ていないので、いまいち掴みどころがないんですが、ハイライトを見ると後半ロスタイムの得点シーン。

ペナルティエリアの中、深くにまで勇人が進入していました。

あの場所に勇人が走りこんでること自体、ジェフが好調だなってわかる、一種のバロメーターかなと思います。

次はレッズとの決戦。

フクアリでは負けたことがありません。

とはいえ、失うものは何もないです。

レッズの後ろにはすぐガンバがきている。

この状況から観てもジェフのほうが戦いやすいはずです。

連勝はいつかは止まるものですけど、とにかくいい試合を見せてほしいものです。

|

« 最近こればっかり聞いてる | トップページ | 『資本論』 »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近こればっかり聞いてる | トップページ | 『資本論』 »