« 止めたのはビジャレアル | トップページ | 謝れ謝れってうるさいけど »

2007年10月24日 (水曜日)

止めたのは浦和レッズ

ジェフ千葉 2-4 浦和レッズ

この試合はスコアほどの差がついた内容ではありませんでしたね。

ポンテや長谷部の個人技はさすがといったところ。そしてワシントンのゴール前での勝負強さに加えて気合まで入っているのなら、やられても仕方のないことです。

前半はジェフの守備ラインが下がりすぎていましたね。前半早々にポンテのマーカーである下村にカードが提示されたのも、重要なポイントでしょう。

後半に入ると工藤を守備的MFの位置に下げると、守備ラインから中盤、前線へのパスワークがスムースになっていきます。やはりボールを持てる工藤が高い位置にいると、一気に浦和のディフェンスが寄ってきますが、守備的な位置に入るとマークが緩くなります。ポンテは依然として下村が見ている状態で、ほぼフリーでボールをさばくことができ、後半の効果的なポジションチェンジだったといえるでしょう。

0-3になってからはほぼジェフペースで、いつ逆転してもおかしくないムードになり、スタジアムにも悲壮感は漂っておらず、ジェフの選手たちも全然諦めていない様子。途中出場のレイナウドが鮮やかなゴールを決めると、前半と後半でユニホームを入れ替えたかのような展開に。今度はレッズ守備陣が下がりまくっていましたね。これはレッズの作戦の一種かもしれませんが、青木やレイナウドといった、得点感覚に優れたFWをそのまま自陣ペナルティ・エリア内に引きずり込ませてしまうことも意味するので、レッズとしては諸刃の剣的な、いや、想定外の守備体系だったでしょう。

ジェフとしては、2-3にする時間帯がもう少し早ければ逆転していたのかもしれません。2-3になった直後の山岸のゴールは幻ですが、副審の判断は正しかったでしょう。ネネより半歩、早く飛び出しているように思えました。ただ、あの形ができるまで、何本ものパスをつないで、最後はあれだけジェフの攻撃を警戒して下がりに下がっていたレッズ守備陣の裏を付いたものですから、例えオフサイドになったとはいえ、審判やジェフの選手を責めるどころか、一種の満足感すらありました。

後半ロスタイム、長谷部の個人技から田中達也に脱け出され2-4に。まぁこれは攻めている状況ですから、少なからずともこのようなシーンはあって当然でしょう。それまでに0-3にされたこと。そして1点差にするまでに時間がかかってしまったことを考えてみれば、必然に近い結果といえるでしょう。

ただ、ジェフの試合はとてもスリリングで、むしろレッズファンのほうが肝を冷やす場面が多かったはずです。連勝は止まりましたが、この時期のジェフの強さがフロックであったり、勢いで片付けられるものではない、ということを確認できました。来シーズンに向けて(ちょっと早いですけど)かなり手ごたえを掴むことができたはずです。

もし水野がいたら・・・と思うところはありますし、もちろん勝ってもらいたかったっていうのは当然ありますけどね。降格の危機も遠ざかり、平和ボケしている感覚なのでしょうが、悲壮感の漂う敗戦ではなく、次節へ向けてかなりポジティブな内容であったことは確かです。

|

« 止めたのはビジャレアル | トップページ | 謝れ謝れってうるさいけど »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 止めたのはビジャレアル | トップページ | 謝れ謝れってうるさいけど »