« 時の流れは速いもので | トップページ | 早朝のコーヒー »

2007年9月27日 (木曜日)

就職活動の弊害

内定勝者2008 「私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー/エントリーシート、履歴書、面接、志望動機、自己PR 」

買ったきっかけ:
パラっと見ただけです

感想:
「参考程度」にもならないです。

履歴書の書き方とか、ESの書き方とか、日本語を知ってる人なら問題ないと思いますけどね。
1,500円も出す価値はありません

おすすめポイント:
「面接でこう言えば内定もらえる」なんて嘘です。こういう本は信じないでください。

相手が何をどう質問したのかを、自分で考えて答えることに意味があると思うので。
仮に面接が「マニュアル化」されたら、それは面接ではなく、単なる確認作業に過ぎない。

面接官は学生が何を考えて、人としてどういう性質を兼ね備えているのかを観ています。
その答えは決して本に書いてあるのではなく、自分の中にあるはずです。それを答えればいいのに「面接ではこう言う」だとか「ESではこう書かなければいけない」なんてルールはないんです。

本当にバカバカしいです

内定勝者2008 「私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー/エントリーシート、履歴書、面接、志望動機、自己PR 」

著者:キャリアデザインプロジェクト

内定勝者2008 「私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー/エントリーシート、履歴書、面接、志望動機、自己PR 」

|

« 時の流れは速いもので | トップページ | 早朝のコーヒー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時の流れは速いもので | トップページ | 早朝のコーヒー »