« 就職活動の弊害 | トップページ | サラゴサのマツザレムが負傷離脱 »

2007年9月28日 (金曜日)

早朝のコーヒー

大学4年の後期の授業、即ち学生生活最後のシーズンが始まりました。


単位は十分すぎるほど取れてはいるんですが、余りにヒマなのもアレなので、適当におもしろそうな授業をピックアップ


ただ、問題は授業開始の時間。

木曜金曜は朝一限からスタートするという、何とも健康的なスケジュールに。

もちろん、大学4年、そして夏休み明けということもあり、生活習慣は崩れに崩れているため、朝6時30分起きというのは、確実に身体に大打撃を与えるはずです。

具体的に、なにに大打撃を受けるかというと、もちろん睡魔との戦いによる時間の浪費です。せっかく授業に出るのに寝るなんてもったいないですからね。

そこで思いついたのがコーヒーです。

僕曰わく、「人間が飲む物ではない」コーヒーによるカフェインによって、睡魔を未然に防ごうというわけです。

木曜日、さっそく朝のコーヒー牛乳(コーヒー3:7牛乳)を飲むと、これは不思議なことに2時間目まで目がパッチリ。
それどころか、夜のアルバイト後でもまだまだイケます。結局深夜26時まで起きるハメに。

そしてきょう、再び6時30分起床。そしてコーヒーを飲む。


しかし…2時間しか寝ていないツケが回ってきたのか、1時間目は半分睡魔との格闘に終始していました。


やっぱりコーヒーとはいえ、睡眠時間の減少には勝てなかったか…

|

« 就職活動の弊害 | トップページ | サラゴサのマツザレムが負傷離脱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 就職活動の弊害 | トップページ | サラゴサのマツザレムが負傷離脱 »