« バレンシアがジギッチ獲得 | トップページ | 超大型移籍キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! »

2007年8月12日 (日曜日)

「勉強しない人は、死ねばいい」

三重県名張市の市立美旗小学校(岡田博校長)の女性教諭(43)が、
授業を受け持った学級の児童3人に「勉強しない人は、そこら辺で
死んでも先生は困らない」と発言していたことが6日、分かった。

同校によると、教諭は先月25日、2時間目の授業が始まっても席に
着かず、教室脇のテラスで直前の休み時間中に行っていた花の世話の
後片付けをしていた2年生の男子1人、女子2人を注意。授業を開始し、
児童が謝りに来たところ、教室内で発言したという。

同日夜、児童3人の保護者が学校に伝え、発覚。翌日の校長らの聞き
取りに対し、女性教諭は発言を認め、27日、校長らと児童宅を訪ねて謝罪。
「決して言ってはいけないことを言ってしまった。大変申し訳ない」と話したという。

福井太利教頭は「子どもや保護者に大変申し訳ないことをした。1日も早い
信頼回復に努める」と話している。女性教諭は4月から同校で勤務。
この学級の担任教諭の補助をしていた。

このニュースを見てビックリしました。

いち教師が生徒に対して「死ねばいい」と言ったことに対して、ではありません。

極めて正論を言っている教師が問題視されていることに対してです。

勉強しないだけではなく、クラス内での秩序を乱している生徒、学生はそこらへんで死んでもらっても、本当に構わないと思っています。

僕は大学生にもなって本を読まない学生は死ねばいいんじゃないか、と常々思ってますが、それと似たような感じです。

小中、そして高校の途中まで、ロクに勉強すらしていなかった当の本人がこんなことを言ってもまるで説得力がありませんが、しかし、だからこそ小中高でシッカリと勉強することの意味は大きいな、と感じています。それに気づくのが高校3年では、もはや後の祭りでした。まぁその一年だけ必死に頑張ってそれなりの大学に入ることができましたが、小学校から8年サボったツケは非常に大きかったです。あのときからちゃんと勉強していれば、と予備校に缶詰になっているときに何度も後悔しました。

もちろん、先生としては本当に死ねばいいなんて思ってるはずはありません。一種の見せしめ的な言葉です。それほど、勉強って言うのは大事っていうことです。

この先生にとって不運だったのは、時代が時代だったこと。そして相手が小学生だった、ということ。相手が小学生かどうかは別にしたら、これは正論以外の何者でもないです。

予備校の先生からこんなことを言われました。

「今年頑張ったら来年からは思いっきり遊べるぞ」

こんなことは、単なるモチベーションを下げさせないための虚言です。

大学こそが、本当の勉強勉強の積み重ねです。勉強とは「自主性」が大事だな、とも感じました。専門的なことを突き詰めることが面白いと思ってから、人生で初めて勉強が面白いと感じるようになりました。勉強というよりは、学ぶ、といったほうが適切でしょうか。

オシム監督も「失敗から学べ。自分の失敗だけでなく、相手の失敗からも学べ」「毎日選手から学んでいる。それでもまだ足りない」と言っています。

もう、人生生きていて勉強しなくていい時期なんてないんですね。毎日が勉強です。

それを強制的にさせられれるのが義務教育です。

その勉強を放棄するとき、人生生きている意味がなくなる。

だから勉強しないヤツは死んでもらっても困らない。

この先生の言っていることは、極めて正論です。

|

« バレンシアがジギッチ獲得 | トップページ | 超大型移籍キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

社会的に殺されないためにも勉強は必要だよな。

無知で思うようにいってないやつはある意味殺されてるようなもんだしな。

ただ謝りにきたとこってのがタイミングが悪いな。

投稿: ジャブ | 2007年8月16日 (木曜日) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレンシアがジギッチ獲得 | トップページ | 超大型移籍キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! »