« マドリーの補強と放出 | トップページ | フクアリ不足 »

2007年7月30日 (月曜日)

自民自滅 安倍さんは責任取らないの?

今朝の朝刊を見たらでっかく【自民歴史的大敗】とありました。

過半数を大きく下回るのは40年ぶりくらいらしいですね。

安倍さんは選挙の前「小沢さんを選ぶか、私を選ぶかの選挙」と明言していました。その結果としてこの大敗を受けるなら、辞任するのが当然だと思いますけどね。この先いったいどうしたいのかも不明瞭のまま、安倍政権を続ける意味はどこにあるのか。

そもそも、【歴史的大敗】といっても、これは自民の自滅と言っていいですね。

安倍さんが不運だったなと思う面もあるわけで、それが大臣の問題です。柳沢さん、農林水産省の松岡さんや赤木さん(具体性のまるで無い発言には僕も理解しがたい)、そして久間さんなど、問題を起こす身内が多すぎました。さらに年金の問題も絡んで、国民の不信感が大きくなったんでしょう。

ただ、個人的には柳沢さんの発言については、それほど大きな問題でもないと思っています。というか、女性が過剰に反応しすぎて、メディアがそれを追っかけ、国民が捕らえ方を間違えた気がします。「生む機械」っていうのはもののたとえの一種であって、本質を捉えたわけではない。もちろん、その例えにも言っていいことと悪いことがあると思いますが、僕にはなぜあそこまで批判されるのか、まったく理解できませんでしたね。むしろ、過激なフェミニストの人たちの方が、一つの方向に持って行きたいがための批判をしていたようで、そちらのほうが印象はよくありませんでした。

ただ結局、国民が許さなかったのは柳沢大臣のほうでした。

それも含め、今回の参議院選挙は「メディアに踊らされた国民」と言えるかもしれません。メディアというのは本当に物凄い力があることを思い知らされました。選挙の勢力図まで変えるほどの力を持っています。

そのメディアの発信する情報を自分で管理し、選択するのではなく、鵜呑みにしてしまう国民も、本当にバカだと思いますが。

ちなみに、僕はというと自民には投票しませんでした。

理由は憲法9条改正に反対だからです。

今安倍さんが変えようとしている法案をすべて変えたら、日本はどのようになってしまうのか、と考えるなら、今の安倍さんの思想は危険です。小泉さんで新自由主義が確立してきた。安倍さんは新保守主義的な考えのほうが強いようです。まるで戦中の超国家主義的な考えに非常に近い。

自衛隊が国民を管理する、なんてことはあってはならないことですから。それが発展していったら、極論ですが、「大政翼賛会」状態になる可能性だってあることです。保守主義に近い民主主義。それが生み出しそうな憲法9条改正は、断固として反対です。最悪の状態になることは、現時点では考えられませんが、9条改正によって、その最悪の状態を引き起こす可能性がある、というところに危険を感じます。

じゃあ民主党に投票したかといったらそうでもない。

民主党には、正直任せられません。「生活が、第一」のキャッチフレーズも、いったい誰のための生活なのか疑問です。政権交代は、まぁ参議院選挙なのでありえないですが、この勢いなら近いうちにあるであろう総選挙で現実になる可能性が高い。ただ、例え政権交代があったとしても、すぐに国民から手のひらを返されて批判されるでしょう。一番現実的な解決策は、首相交代しかないと思います。

冒頭でも触れたとおり、「小沢さんを選ぶか、安倍さんを選ぶか」の選挙で、安倍さんが大敗したわけです。ここで安倍さんがのんべんだらりと続けることに、なんの意味があるのか。ここで続けたら、口だけの人になってしまう。

憲法問題もありますが、政権交代はなし。首相交代、というのが現実的に一番いいかなと思います。ただ、麻生さんの発言が波紋を呼んだ関係もあり、誰が後を継ぐのか、という問題もありますが。

|

« マドリーの補強と放出 | トップページ | フクアリ不足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人間をわざわざ機械に例える必要があるのか、という視点で見れば、のんきでガサツなジジイという意味で大臣の資質ではないと思いますけどね。
そんな糞ジジイを理解して上げられるあなたは相当心が広い人か、鈍い人なのでしょう。

投稿: あきれた男 | 2007年7月30日 (月曜日) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マドリーの補強と放出 | トップページ | フクアリ不足 »