« マドリー劇的優勝! | トップページ | 今日は色々と面白いことが »

2007年6月24日 (日曜日)

現実に戻された

大分に勝利して今期初の連勝

甲府にあのような試合をして勝って、でも次の試合に負けたら意味がないと思っていました。

そして大分に勝利。この勝ちはとても大きい。

で、連勝してホームに帰ってきて新潟戦。

この試合で3連勝すれば勢いが完全につく。負ければまたショボーンとなってしまう。

で、負けてしまったわけです。

決定機で決められなかった云々もあるかもしれませんが、なんか現実に引き戻された感じが…。

再び降格圏が射程圏内(日本語おかしいか)

苦しい時期の勝ち点3って大きいなぁとつくづく思います。

5~6年前もこんな感じだったっけ、と思うくらいですよ。

まぁあの頃はまだ若かったし勢いでどーにか残留できるさと楽観視していたのかも…w

でも今はいいスタジアムができて、観客も増えて、日本代表選手も数多く選出されて、いろんな意味で多感になっているのかもしれませんね。

イリヤンの件についてはあまり触れたくない…。

かなりジェフのこと気に入ってくれてるみたいだし、でも今のジェフの状況を思ってくれてあのような事件があって、と考えると何を言っていいのかわからないっていうのもある…。

中断前のラストゲームはゼミ対抗スポーツ大会で見にいけません!(ええええええ!?)

|

« マドリー劇的優勝! | トップページ | 今日は色々と面白いことが »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マドリー劇的優勝! | トップページ | 今日は色々と面白いことが »