« 負けないこと 投げ出さないこと | トップページ | やっと勝利! »

2007年6月14日 (木曜日)

迷走ジェフに助っ人

千葉がFWレイナウド獲得決定的に

なるそうです。

これまでの試合や、選手・監督のコメントを見る限り、決めるべき場面で決めきれず、結局相手に引導を渡して敗れてしまうっていうパターンがほとんど。そこで決定力のあるFWを獲得するというのは一見悪い判断じゃない気がします。

ただ正直自分の中では見てみないとわからないっていうのもあるんですが、ブラジル人FWかぁ、と。エメルソンやジュニーニョのように、1人で独走して得点の取れる選手であるなら、巻はもう必要ないかなと思います。彼は周りを生かすタイプであると同時に、周りから生かされて初めて得点能力が発揮されるFWです。だからこそ、巻を生かすことができるマリオ・ハースの移籍は単なる一選手の移籍とはワケが違います。マリオがいるなら、巻がマリオを生かすこともできましたからね。

マリノス戦ではいいところなく敗れたそうです。得点シーンがオフサイドになる不運もあったそうですが、これで4連敗、そして降格ゾーン突入。下村選手の言うとおり、「どうにもならない悪い状況ではない」のは確かです。ただ、負け方が本当に悪いんですよね。試合内容は悪くないけど、負け方が最悪。

冒頭でも書きましたが、チャンスで決められず、守備陣がガマンできずにミス絡みで失点。サンフレッチェ戦なんかはその典型でしょう。3つあったチャンスをすべてウェズレイに決められたそうですからね。

僕は、軸になるであろう巻を生かす方法を考えるか、それを実行できる選手の獲得を望んでいました。黒部がまだフィットしていない事情もあります。新居はやっとエンジンがかかってきた。じゃあ今度は新居と巻のコンビが成熟しつつありそうな雰囲気になってきたところで新しいFWの獲得。青木も含めてレギュラー格のFWが5人という状況。

レイナウドが仮にレギュラー頭角だとしたら巻の存在価値はどうなってしまうのか、そしてずっとずっと問題であるサイドと守備的MFの底上げはどうなるのか。新しい獲得はあるのか。アマル監督とフロントの判断に注目したいですね。

|

« 負けないこと 投げ出さないこと | トップページ | やっと勝利! »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 負けないこと 投げ出さないこと | トップページ | やっと勝利! »