« 今日は色々と面白いことが | トップページ | クズフロント »

2007年6月27日 (水曜日)

JEFのフロントには腐ったミカンしかいない

監督批判ストヤノフの退団が決定

糞フロント

もうこの言葉がピッタリの我がJEF UNITED 市原・千葉

約3年半に渡ってジェフの最終ラインを支え続けてくれたイリヤン・ストヤノフが退団決定。

サポーターからも人気が高い選手でした。

正確に表現すると、「退団させるよう追い込まれた」

>その後の話し合いでも「反省の意思がない」と異例の発表を行い、トップチームでの練習参加を認めないなど、話し合いは平行線をたどっていた。

反省の意思がない?

フロント、本当にイリヤンを引きとめようと努力したのか。

サッカーライターの西部さんが提言していたように、アマルとイリヤンの仲介役に入り、ジェフと、そしてイリヤンのために全力を注いだのか。

イリヤンに「反省の意思がない」のではなく、フロントがイリヤンを引き止める意思がなかっただけでは?

|

« 今日は色々と面白いことが | トップページ | クズフロント »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は色々と面白いことが | トップページ | クズフロント »