« バレンシアのシルバがリバプールに移籍か・・・? | トップページ | 今世界で一番面白いサッカーをするのは »

2007年5月13日 (日曜日)

FC東京4-1ジェフ千葉

ジェフが全然いいサッカーができませんでした。

というよりは

FC東京がとてもいいサッカーをしました。

と言えるような内容でした。

ジェフは守備ラインから細かいパスをつないでいくチームです。昨日の東京は3トップ気味にスタートしたために、立石、中島、池田、水本のところへ積極的にプレッシャーをかけ、効果的なビルドアップを寸断させていました。それに加え、中盤と守備ラインが非常にコンパクトで、クサビのボールが入れば必ず1人、もしくは複数で囲い込んでジェフの選手を自由にさせませんでした。

だからといって両サイドが空くと言ったら、そうでもなく、水野のサイドは特にカンペキに抑えられましたね。そして池田のところもリチェーリが積極的にプレスをかけていたため、池田は試合開始当初から圧迫感を感じていたことでしょう。それが試合を決定付ける2失点目につながってしまったと。池田は、ボールを持つと常にリチェーリのプレスを気にしながらのプレーだったため、十分に余裕がある場合でも何か焦ってしまう場面が目立ち、2失点目のシーンもその姿勢が出てしまったといってもいいでしょう。

ジェフも、守備ラインからのボール回しが読まれていました。東京はそれを事前にわかっていたので、全体のラインをコンパクトにして守備ラインから出るボールに積極的にアプローチしていました。

だから、執拗にそのビルドアップにこだわることなく、1回ロングボールを相手の浅い守備ラインの裏に蹴ってみることも必要だったと思います。そうすることによって、いったん相手のラインが下がりますから、そこからまたやり直せばよかった。

とはいっても、昨日のFC東京の集中力は尋常ではなかった。昨日の東京を真っ向から打ち砕けるチームはそうないのではないでしょうか。あのサッカーをすれば、川崎から大量失点する可能性は皆無だったでしょう。

ジェフは、「外国籍選手2人がいないとなにもできない」と言われないために頑張ってほしかったんですが、逆に自信喪失になったのかもしれなせん。特に守備ラインの中島と池田につしては責任感が重くのしかかってるかと思います。

幸い、まだ次があります。今節は今節として、また次頑張ってほしいですね。ホームですから。

|

« バレンシアのシルバがリバプールに移籍か・・・? | トップページ | 今世界で一番面白いサッカーをするのは »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレンシアのシルバがリバプールに移籍か・・・? | トップページ | 今世界で一番面白いサッカーをするのは »