« 盛り上がってきたリーガ・エスパニョーラ | トップページ | バレンシアのシルバがリバプールに移籍か・・・? »

2007年5月 4日 (金曜日)

アウェーで引き分け2つ

幸運なことに、まだフクアリで試合を見に行っていない僕にテレビ中継という助け舟が。

川崎フロンターレ戦と浦和レッズ戦はそれで見ることができました。

エスパルス戦であんなに酷い試合をしていたのに、ずいぶんとコンビネーションが向上してきた気がします。下村と勇人の関係が向上したことと比例してるんですかね。2人の攻守のバランスがとてもよくなってる。あと、去年よりもイリヤンの攻撃参加が物凄く効果的になってる。だからフロンターレ戦で怪我させられたのは痛すぎるなと。

レッズ戦は代わりの中島がよく頑張っていたんじゃないですかね。前半に関して言えば、イリヤンとは違った意味での攻撃参加で貢献していました。あの位置から攻撃を組み立てられたため、サイドを有効に使うことができたし、また水野の姿勢もよかった。

やっぱりアヤとなったのはワシントンの先制点よりも斉藤さんの退場。2枚目よりも、1枚目がもったいなさすぎる。あそこで黄色覚悟でいくファールをする時間帯でもないし、そんな状況でもない。また、あの時間帯でもらっちゃうと、そのあと首を絞めるのは大さん自身。ましてやワシントンと対峙してるっていうのに。口が悪いけど、アレは大さんがバカだったなと。それ以外でもけっこう危ないのがあったし、いつかは退場するんじゃないかなと思っていたら…。

10人になってからすぐに守備の入れ替えをしなかったのは意外でした。下村をストッパーの位置に、工藤浩平を守備的MFの位置に下げて対応していました。守備の能力、身長などを考えてみても守備のテコ入れは急務かなと思っていたんですが、アマルの考えは違っていたようです。

10人になってもスタティングメンバーをいじらなかったところを見ると、アマルはこの状況でもまだ勝ちを目指していたんでしょうか。まぁこればかりは本人に聞いてみないとわからないですが。

でも、後半残り少なくなってきたところでDF市原を投入したことによって、その狙いが「勝ち」もしくは「引き分け」から「引き分け」にシフトしたのかなと思いました。残りの時間と、選手の疲労度を天秤にかけながらの采配だったような気がしました。

ここ2試合は凄くいい試合ができている。

次の柏は、ジェフが最も苦手とするようなスタイルのチームですね。去年の大宮や新潟、かつての神戸のようなサッカーをしてくるチームには本当に弱い。ある程度「キレイ」なサッカーをしてくるガンバ、アントラーズ、甲府などにはお互いの持ち味が出ていい試合ができるんですが、柏は相手のよさを消すのが上手い。特に3TOPに対してジェフのディフェンダーがどれだけそのプレッシャーに晒されながらも正確なビルドアップができるのかっていうのは試合を左右するポイントだと思います。

ただ内容は良くなっているので、悲観的に観る必要はないと思います。

6日、また行けませんw

現地に行く人はよろしくお願いしますw

|

« 盛り上がってきたリーガ・エスパニョーラ | トップページ | バレンシアのシルバがリバプールに移籍か・・・? »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

柏はまさに苦手とするチームですね。前から容赦なくプレスをかけてくるという。
結局3引き分けだったわけですが、勝ち切れないことを嘆くのか、イリアンやジョルジェ不在でしっかり耐えることが出来たことを良しとするのか…。
個人的には確実に上向いてきているとは思うので、今週がその成果を見せるべき時だと思います。
水曜のナビスコ神戸戦は、この目で確認してこようと思っています。
あくまで予定な上に、何故そんな試合ばかり観るのだとツッコミが入りそうですがw週末は忙しいのです…。

投稿: ミカ・ラウド | 2007年5月 7日 (月曜日) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛り上がってきたリーガ・エスパニョーラ | トップページ | バレンシアのシルバがリバプールに移籍か・・・? »