« 土曜は本当に頑張って。天皇杯の試合後の事は気にしないでほしい。。 | トップページ | 残念なニュースです »

2006年11月11日 (土曜日)

今週2回目のガックリ…↓↓↓

ジェフ千葉1-3アルビレックス新潟

ナビスコ優勝→青木GOAL!→天皇杯敗退→青木GOAL!→新潟に完敗

と、まるでジェットコースターのようなテンションな今週だったわけですが、ナビスコカップ優勝したテンションの貯金が0に近づきつつある…。それにしてもホームでオレンジのチームを迎え撃つと弱い。

VS 清水エスパルス ●1-3

VS 大宮アルディージャ ●1-3

VSアルビレックス新潟 ●1-3

全部1-3負けってwww逆に悲しくなってきた↓

それにしても新潟は、良い時のジェフがしたいサッカーをまんまとやりましたね。守備ラインも非常に高く、ジェフの中盤から攻撃的な選手はすべてマンツーマン気味に付き、サイドでは必ず数的優位を作る。ボールを奪ったら手数をかけずに前線へ。エジミウソンがキープして、矢野が流れた反対サイドへチェンジサイド。そしてサイドをえぐってフィニッシュと、新潟の狙いというか、やりたいことがハッキリしていた。

これも、前半立ち上がりに先取点を新潟が取ったから、より明確になった気がしました。

まぁ文句というか、負け惜しみってわけでもないんですが、その先取点に直接つながってしまったFK。あれはエジミウソン倒れるほどかな。

まぁどちらにせよ、あのゴールで新潟は無駄にリスクを負わなくて良いサッカーに転じることができたし、ジェフの空いたスペースを有効に使ってカウンターを仕掛けていた印象。

対するジェフはビルドアップの時点から不安定。この背景には新潟のプレスが速くて厳しかったのもありますね。ほんと、3日前の札幌戦を見ているようだった。なかなか前にボールを運べないことに、隣の人も苛立っているようでしたが、新潟にあのような素晴らしいプレッシャーをかけられてはそう簡単に…。でも、そこをつなげられないとジェフのサッカーにならない。っていうのは前にどこかで書きましたね。

前線にワシントンもマグノもいないんですから、ロングボールを放り込んだって無意味。だから、狙われてはいたものの、岡本がボール保持している時の選択は誤りではないと思います。

前半のうちに2点をリードされ、後半に入り、少しペースを握れるようになりました。新潟のマークがルーズになりはじめたのもあるし、一か八かで人数をかけてジェフが攻撃に出てきたことも関係あるかと。要田を入れたことにより、立ち上がりは新潟のマークも混乱していたようですし。

だから、あそこで1点欲しかった…。

で、今のジェフで悪いなぁって思うのは、若手を試さない、巻や山岸が使えない、ではなく、欲しい時の1点が奪えないこと。そして1点欲しい時にダメ押しの失点してしまうこと。

で、今日も現実にそれが起こってしまったわけです。。。

きっかけはクルプニのパスミスから。誰が悪いとか戦犯探しをするわけではなく、ビルドアップのパスミス、相手Pエリア付近で嫌な形でとられてのカウンター。そこから失点したりピンチを招くことが多すぎる。ホーム5連敗中もそうでしたし。

攻撃も、ゴールに迫るあと一歩のところのイメージが共有できていない。

これはパスミスしたクルプニが下手なわけじゃないし、もちろん彼が悪いわけじゃない。呼吸が合わないとそうなってしまうだけ。だから悪い時は受け手も出し手も微妙にズレてるんでしょうかね。

得点は奪ったものの、1失点目のファールとの兼ね合いのような判定でした。満足に決定機まで持っていけたのは

クルプニ直接FK

前半終了間際の坂本→勇人

クルプニ→要田

くらいでしょうか。とにかく、試合内容、メンタル面、全てにおいて新潟に完敗でした。

はぁ、ガックリ

|

« 土曜は本当に頑張って。天皇杯の試合後の事は気にしないでほしい。。 | トップページ | 残念なニュースです »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週2回目のガックリ…↓↓↓:

« 土曜は本当に頑張って。天皇杯の試合後の事は気にしないでほしい。。 | トップページ | 残念なニュースです »