« ヴィラ、攻撃のタレントをまた獲得 | トップページ | 何言ってもいい訳だから »

2006年10月 6日 (金曜日)

やっぱり選手も感じていたのか

「千葉ジャパン限界」報道に羽生が不満

もうね、メディアを見るとどこもかしこも「千葉ジャパン」「千葉ジャパン」の連呼。

オシムが監督になった時点でそれは十分に予想できたことなんだから、何を今さら。しかも代表試合まだ5試合の時点で「代表」=「千葉」のようなレッテルが貼られてるけど、メディアの大好きな欧州でプレーする選手も選ばれてないわけだし。それとも、愛弟子とはいえ、千葉から大量選出する「土台作りにおいて当たり前」のことが気に入らないのなら、サッサと解任デモしてジェフに返してください

まぁちょっと感情的になっちゃったけど、やっぱりメディアの取り上げ方は極端。

オシム監督は千葉の選手を一時は5人ピッチに立たせながら敗戦。

とか、まるで千葉の選手たちの不甲斐なさで敗れた、かのような書きよう。かといって、羽生も言ってたことだけど勝ったときはそうはならない。そもそも「千葉の選手がピッチにいれば勝てる」保障なんてないわけで。書き手のレベルの問題なんでしょうけど

ジェフは今回のゴタゴタで被害者→悪者→邪魔者のような存在になってしまったようです。まるで疫病神みたいな。

もうジェフは「良いチーム」だけでは駄目になってしまった。「良いチームになっていなくちゃならない」ような状態であって、そうであってもメディアからの煽りは喰らうわけで。

選手たちは気にしてないだろうな、と思っていたんですが、羽生がこういうコメントを出してる(メディア特有のコメント抽出かもしれないけど)ということは、やっぱり負担になってるんだよなぁ。

と、ガーナ戦の敗戦分析をまったくせず、感情論でジェフの選手を庇ってしまいましたが、これは一ジェフファンとしての本音、心情を吐露させてもらいました。

「マスコミに吊られすぎ」という点は、どうか目を瞑ってくださいwww

|

« ヴィラ、攻撃のタレントをまた獲得 | トップページ | 何言ってもいい訳だから »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり選手も感じていたのか:

» アルコール検出器販売 [アルコール検出器]
アルコール検出器販売。飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!飲酒運転撲滅キャンペーン実施中!飲酒運転の事故が多発しているためアルコール検出器を特別価格にて販売いたします。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金曜日) 13時06分

« ヴィラ、攻撃のタレントをまた獲得 | トップページ | 何言ってもいい訳だから »