« 笑っていいとも!は凄い | トップページ | 3ヶ月ぶりの買い物! »

2006年10月15日 (日曜日)

阿部ハット!神憑った

鹿島アントラーズ0-4ジェフ千葉

阿部がハットトリック達成!MF登録でDFとして出場し、3本のシュートで3点!それ以上に失点を0に抑えたことが、この快挙をより素晴らしいものにしています。とにかく、失点を0にしたのは大きい。誰もが思うことでしょうけど、この日のMVPは阿部です。

でも、勇人は陰のMVP。守備では野沢にあまり仕事をさせず、時には相手の守備ラインまでボールを追いかけてプレッシャーをかけていました。もちろん、時折見せる鋭いカウンターアタックの場面では、当たり前のように攻撃に顔を出しています。対面の選手は勇人の上下運動についていっていませんでしたからね。

それでも、0-4の大差がついたとは思えないほど、鹿島は強い。前半はジェフのマンツーマンマークと、中島の陰の好判断によってチャンスらしいチャンスは本山のシュートのみだったんですが、0-2になってから点差が4点に開くまで、ジェフのマンツーマンディフェンスを揺さぶっていました。

アレックス・ミネイロやダ・シウバが中盤にまで下がることによって、本山、増田らが前線まで攻め上がることが出来ていました。そのせいで、彼らをマークするジェフの中盤の選手は、より多くの量を走らなければならない状態でした。さすがに、相手にも多くの距離を走られ、ポジションチェンジを多用させられると、付いていくのは難しいです。

そのため、マンツーマンマークでの難しさが出てしまいます。それが「深くなってしまうライン」です。基本的に相手とのマンマークで付いているジェフですが、当然、味方ゴール前に鹿島の選手が多くいると、その選手たちをマークしなくてはなりませんから、どうしてもライン深くに選手が多くなってしまう。それによって、空いた中盤のスペースを使われ、相手両サイドバックの攻め上がりが容易になってしまいます。

特に本山-ファビオ・サントスのラインはかなり捕まえにくく、何度もフリーにさせてしまいます。ただ、そこでよく踏ん張ってくれた。GKの岡本もよく防いだシュートが3本も4本もあった。特に相手左サイドバックのファビオ・サントスが抜け出して打ったシュートは、良く防いだと思う。

そして、カウンターからの4点目はまさに理想的。それまでも、何度か前線でプレスをかけたり、深い位置からボールを奪ったりしてのカウンターが奏功しかけていましたが、ゴールに直結せず。この山岸のゴールは、本当にスカっとするような攻撃でした。羽生のクロスも良かったし、巻のボールキープも良かった。

巻には頑張ってほしい。川淵にボロクソ言われて。

だから、ナビスコも絶対に勝って、川淵を盛大なブーイングをBGMにして迎えてやりましょう

|

« 笑っていいとも!は凄い | トップページ | 3ヶ月ぶりの買い物! »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿部ハット!神憑った:

» 少女が豊胸手術を決意するとき -茨城高三ブログ [陥没乳首を洗濯ばさみで直す]
はじめまして。面白そうなブログなのでお気に入りに入れさせていただきました。よろしければ私のブログもお気に入りに入れていただければ幸いです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日曜日) 18時55分

« 笑っていいとも!は凄い | トップページ | 3ヶ月ぶりの買い物! »