« ちょっとちょっと(笑) | トップページ | サウジに圧倒的な威圧感はなかったが、日本にも怖さはなかった。 »

2006年9月 4日 (月曜日)

敵地での2得点は有利になる…のか!?

川崎フロンターレ2-2ジェフ千葉

試合はハイライトでしかみてないけど、それにしても水野の逆転ゴールは凄かった…。リーズ時代だったイアン・ハート(懐かしい!)の×ユナイテッド戦での弾丸シュートを思い出しましたよ。

前半は押され気味だったそうで。そこで1失点に押さえたことが大きかった。結果的に…。シュートは打たれすぎだけど、まあ良く2失点で済んだことw

でも、これでフクアリ決戦は有利に立ちましたよ。特にアウェーでの2ゴールがでかい。あとは去年、レッズとの準決勝っぽくなって後手後手にまわらないように気をつけないと…。

ただ、ジェフは「0-0や1-1の引き分けでもOK」という状況では、絶対に引き分けは狙わず、勝ちを目指します。ハタから見ると捨て身か!と思うくらいの。そこで撃ち合いを演じて川崎に3点取られる状況になると、こんどはジェフが苦しくなる…。4点取らないと決勝はないですから。

ジェフの戦い方がそれだけに殴り合いになるとしたら、果たして追い詰められているのはどっちだろうか。。。

|

« ちょっとちょっと(笑) | トップページ | サウジに圧倒的な威圧感はなかったが、日本にも怖さはなかった。 »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敵地での2得点は有利になる…のか!?:

« ちょっとちょっと(笑) | トップページ | サウジに圧倒的な威圧感はなかったが、日本にも怖さはなかった。 »