« プレシーズンマッチ!AZ×アーセナル | トップページ | 頑張れ亀田 »

2006年8月 8日 (火曜日)

決定的チャンスを外し続けると…こういう結果になっちゃうわな↓↓↓

A3チャンピオンズカップは今日が最終日であり、優勝が決まる日。

第一試合は蔚山現代が大連実徳に4-0で勝利。

ジェフは勝たなければ優勝はない。ガンバも優勝の芽はあるけど、14点差つけなければ駄目だから、焦点はジェフが勝つか否かのみ。

前半からジェフが試合を決めにかかる。15分には水野の左FKから阿部のヘッド。さらに巻のヘッド、佐藤のミドルなど、決定的チャンスはいくらでもあった。

少なくとも2-0で前半は折り返せたはず。ただ、そこでネットを揺らした回数は0。

なんとなく嫌な予感はしてた。

後半に入り、お互いの中盤が空き始める。そこを播戸であり、マグノ・アウベスがスペースを見つけて突っかけてくる。マグノがジェフのバイタルエリアでドリブル突破を謀ると、斉藤がファール。このFKを遠藤が落ち着いて沈めて先制されてしまう。

この後は守ってカウンター狙いのガンバは、さらにPKを獲得。勝負ありかとおもったが、立石がPKストップ!

そしてその直後には坂本が仕掛けて逆にPK奪取。

しかし、これまでPKを外したことを見たことがない阿部のキックは、無常にもクロスバーの上。

実質上、これでジェフの優勝はなくなったような気がした。

その後、播戸にダメ押しとなる得点をカウンターから喰らい、勝負あり。

前半から決定的チャンスを作っていたにもかかわらず、得点できなかったツケが回ってきてしまった。

確かに、選手の動きは重そうだったけど、何とか勝ってもらいたかったぶん、残念…。

決定的なシーンを逸すると、やっぱりあとで代償は払わされるんだな、と感じた試合でした。

とりあえず、ジェフはFWの補強をしてもらいたい。巻とハースしか計算できるFWがいないのは不安かな。楽山、工藤、水本らの成長にも期待しながら、J再開の新潟戦を待つことにしましょ。。。

|

« プレシーズンマッチ!AZ×アーセナル | トップページ | 頑張れ亀田 »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決定的チャンスを外し続けると…こういう結果になっちゃうわな↓↓↓:

« プレシーズンマッチ!AZ×アーセナル | トップページ | 頑張れ亀田 »