« 今日読んだ本 | トップページ | みなとみらいの花火大会 »

2006年7月30日 (日曜日)

2戦連続負けー

きょうもフクアリでジェフ千葉の試合がありました。相手は名古屋グランパス。「このメンバーなのに、なぜこの順位!?」という声が出るほどの豪華な11人だ。

試合のほうは、残念ながらピッチコンディションが悪くてジェフが得意とするショートパスをつなぐサッカーは出来なかった。

まぁそれもあったけど、名古屋が完全に引いていて、攻撃では杉本を走らせ、元ノルウェー代表のヨンセンにあわせる、という作戦。つまり、名古屋はアウェーで勝つための方法を執ってきた。

そのため、基本的にはジェフがボールを持つ時間が多いが、名古屋は10人、また11人が自陣に引いて守り、ジェフはロングボールを蹴るほかはなかった。高さでは絶対的な強さを持つ名古屋センターバック陣が、それをことごとく跳ね返す。

正直、何もないような前半だった。そんな中で、名古屋がロスタイムに上記のような形で先取点を奪った。それだけに、ジェフにとっては重い1点になったかと。。。

ところが、後半が始まると水野のクロスから巻が決め、そして巻のポストプレーから佐藤がゴールネットの突き刺すと瞬く間に逆転。ただ、残り30分以上ある状況だった。ジェフは3点目を取りに行く姿勢を見せるが、名古屋は玉田を投入。3TOPにして何が何でも得点を取る布陣に変えると、ジェフのマークが混乱したように見えた。

その直後の同点弾&勝ち越し弾は崩された形ではなかったが、ジェフが最も苦手とするごり押しの失点だった。ストヤノフが不在でも、阿部が素晴らしい働きをした。前半は、阿部の動きが良く見える場所に座っていたけど、次に出てくるパスコースへの読み、一対一の強さ、攻撃時のビルドアップなど、攻守にわたって絶対的な存在感を放っていた。特に、一対一では余裕の守備だった。

一方攻撃面では、名古屋が守備を固めてくることは明らかで、ハイボールはほとんど跳ね返された。単純なミスも目立つようになり、ガンバ戦と同じような光景だ。数度、ペナルティエリア内に侵入してはチャンスを作るが、最後の場面では名古屋のDFもよく体を張っていた。

ガンバ戦は負けても希望が持てる内容だった。今日も、決して悲観するような内容ではなかったが、ガンバ戦とは意味合いが違う。

ガンバ戦は自分たちのサッカーが出来て、勝つに値するような試合をして負けた。ジェフはもちろんのこと、ガンバも勝つためにサッカーをし、結果的にガンバが勝った。

ただ、今日の名古屋は相手に勝たせないためのサッカーをした。これはアウェーであるチームが執る最も主流な戦法だ。ジェフは勝つためのサッカーをしてそれを封じられた、という点ではガンバ戦と同じ1点差負けでも、今回の負けの方がより大きな意味を持つ。

かつて黄金期だったジュビロ磐田や鹿島アントラーズは、せめて引き分けに持ち込んでいたのかもしれない。ただジェフも、負けゲームを勝ちゲームに変えたり、引き分けに持ち込む力は十分にある。それは今年の福岡戦で証明された。

ただ、やっぱり惜しんでもしょうがないけどジェフには流れを変えられるFWが少なすぎる。というか、「何か」を感じさせてくれるようなFWが欲しいかも…。そういう意味で、林丈統という選手の不在は大きいなぁ、と感じる今日の試合でした。

|

« 今日読んだ本 | トップページ | みなとみらいの花火大会 »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2戦連続負けー:

« 今日読んだ本 | トップページ | みなとみらいの花火大会 »