« やったやった | トップページ | 肉肉 »

2006年5月 7日 (日曜日)

引き分けは妥当

横浜FM 1-1 ジェフ千葉

「試合の前に、今日は引き分けになるよと誰かが言ってくれればよかったんだけどね。こういう結果になって、まあそれでもよかったけどね」

試合後、オシム監督の上のコメントに、この日のジェフf凝縮されている。

試合は終始マリノスペース。ジェフの山岸と坂本を押さえるために、マリノスは両サイドを意識的に十分すぎるほどのケアをしていた。これによってジェフのサイドアタックを封じ込め、田中隼と那須が積極的に攻撃参加をする。ジェフがボールを奪っても低い位置からのスタート。前線の巻に当てると、J屈指のセンターバック、松田直樹と中澤祐二の前に起点を作ることが出来ない苦しい展開。

さらに、マリノスは前半の20分までに何本のシュートを放ったことか。清水、吉田孝行、大島らが幾度も決定的チャンスを迎えるが、ジェフの粘り強い守備に手を焼き、最後のフィニッシュが巧くいかない。

そんな中でも先取点を取ったのはジェフ。前半の30分。この時間帯はマリノスがやや攻め疲れし、中盤のスペースが出来始めた頃だった。これによってリベロのストヤノフが中盤まで押し上げて攻めあがるシーンが目立った。

得点シーンは、長らく中盤でボールをまわしていたジェフがペナルティエリア周辺でポゼッション。両サイドに振りながら、右サイドの羽生がゴール前にクロス。これを山岸が右足のジャンピングダイレクトボレーを突き刺した。ファインゴール。

この得点のあと、両チームとも攻めるが、ゴール前の攻防では守備陣が危なげない対応で前半は0-1でジェフがリード。

後半になってもペースを握っていたのはマリノス。前半以上に両サイドバックが押し上げてきた様子。そしてすぐさま久保を投入して同点を狙う。ただ、ジェフの守備陣もよく踏ん張っていた。巻を前線に残す他は全員守備に回る。羽生を中心として鋭いカウンターを何回か浴びせるも、得点には到らず。

そしてマリノスは後半途中から身長194cmあるFWハーフナー・マイクを投入。後半42分、右からのアーリークロスを左サイドでフリーのハーフナー・マイクがヘディング。これはジェフGK立石が防ぐが、こぼれたところを拾ったハーフナー・マイクがゴール前に折り返し、これを清水が右アウトサイドに当てて、ボールは少しゆっくり過ぎるほどの勢いで右サイドネットを揺らした。

この日が65歳の誕生日のオシム監督に勝利をプレゼントしようと、失点した直後からジェフはギアをトップに入れ、ゴール前で迫力ある攻撃を見せるが、いかんせん時間がなさ過ぎた。1-1で試合終了。

ジェフとしては後半終了間際の失点で勝点2を逃してしまった結果となったが、内容ではマリノスがシッカリとした守備を見せ、攻撃でも決定的チャンスをいくつも作っていた。ジェフが負けてもおかしくはなかっただろう。しかし、それでも先取点を取り、引き分けられたのは開幕よりも状態が良い証拠だ。この引き分けは妥当な結果だ。

|

« やったやった | トップページ | 肉肉 »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き分けは妥当:

« やったやった | トップページ | 肉肉 »