« W杯グループリーグ展望~H組~ | トップページ | 明日は255,000円の価値 »

2006年5月 4日 (木曜日)

気持ちぃ、チョー気持ちぃ

ジェフ千葉2-0浦和レッズ

ジェフファンとしてはこれ以上ない内容での完勝。日本代表暦11人擁し、タレント軍団と謳われるレッズに対して、出足の速さと華麗なパス交換で圧倒しました。

前半開始直後からジェフペース。羽生、阿部、巻が続けざまに決定的チャンスをむかえます。また、山岸のクロスに飛び込んだ巻のダイビングヘッドも残念ながらオフサイド。

ジェフのキーマンは羽生とクルプニコビッチ。巻の後方に位置する2人はそれぞれプレーの特色があります。クルプニコビッチは典型的なトップ下。巧みなボールキープと正確な長短あわせたパスで攻撃を作ります。羽生はそのクルプニコビッチのパスから、巻へのポストプレーの落としを狙って、常にスペースを見つけながら走ります。この日は、その攻撃パターンがうまくかみ合っていた。

また、ジェフはそれだけではなく、守備的MFの佐藤勇人、阿部、最終ラインのストヤノフらも積極的に攻撃に参加。後ろから人が湧き出てくるような攻撃で、レッズのマークを混乱させます。

少なくともレッズにとって、前半はブッフバルト監督が言うように「失点していないのが不思議」なくらいの内容。その分、レッズは後半にチャンスが出てくる。というのも、前半から激しく飛ばしていたジェフのスタミナが消耗するから。そこを突こうとしたのでしょう。

しかし、レッズは攻撃の再構築を図る前にやるべき作戦を立てます。それは守備。主に攻撃的な役割を得意とする守備的MF長谷部を前半で諦め、DFの細貝を入れます。これによって守備に重点を置く選手を増やして、ジェフの2列目からの飛び出しを抑えようという作戦です。

その作戦が的中したのか、レッズは前半のように簡単に突破を許す場面が減ってきた。攻撃面でもワシントンが立て続けに決定機を迎える。ボール支配率もレッズが盛り返してきた。このままレッズに流れが傾きそうな展開だったが、そうはいかないのがジェフの守備。前線の巻から激しくプレスし、相手の守備ラインから自由にビルドアップさせません。レッズはそんな中でもキープできる個人技はさすがですが、2人3人と囲まれるとどうにもならない。

そんなハイレベルな膠着状態が続いていた後半30分、ジェフが先制。

例の通り、中盤の前目で小野を囲い込み、ボール奪取。そのまま前線の巻へ。巻がワンタッチでクルプニコビッチに落とすと、クルプニコビッチもワンタッチで最前線に上がっていたMF佐藤へループ気味のパス。佐藤もダイレクトで巻へ胸パス。ペナルティ・エリア内でパスを受けた巻はまたダイレクトで右足を一閃!ボールはポストを直撃してゴール。見事な守備、そして攻撃からの得点。完璧に崩した形になりました。

その後、攻めたい浦和ですが、運動量の衰えを知らないジェフに激しくプレッシングされ、思うように攻撃に出れず。逆に後半ロスタイム、カウンターから中島に突破を許し、失点。そして試合はジェフが最後までペースを握らせず、完勝。

金満チームを貧乏チームが倒すという、一番スッキリする試合でした。これで首位と勝ち点差がまた縮まりました。これでJリーグ6試合負け無しの好調キープ。ジェフがだんだんと調子を上げてくると、面白くなってきそうだ。

|

« W杯グループリーグ展望~H組~ | トップページ | 明日は255,000円の価値 »

ジェフ千葉と、歓喜と怒号と哀愁と楽観論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちぃ、チョー気持ちぃ:

« W杯グループリーグ展望~H組~ | トップページ | 明日は255,000円の価値 »